1. アゼリアと放課後歌詞

「アゼリアと放課後」の歌詞 秦基博

2010/10/6 リリース
作詞
秦基博
作曲
秦基博
文字サイズ
よみがな
hidden
いつだって臆病おくびょうなせいで 友達ともだちあとばかりいかけた
アゼリアと放課後ほうかご

ひとり はじめて自転車じてんしゃって まちはずれ 野球場やきゅうじょう出掛でかけた
ちがってえた世界せかい

せわしない毎日まいにちつかれては 自分じぶんをすぐ見失みうしなうけれど
あの景色けしきなかに ほら こたえはあるから つけられるから

真夏まなつ交差点こうさてん 真夜中まよなかのレール 真昼まひるつき 真冬まふゆ 公園こうえんのベンチ
もう きみがいなくても大丈夫だいじょうぶだよ
かなしくなったらそらるよ わりつづわらないもの
そう いつまでもぼくおもなか 微笑ほほえみかける きみのようなそら

ゆるやかにつづ坂道さかみちのぼりきればきっとあののまま
なつかしいあの場所ばしょ

いま 前線ぜんせん合間あいまって うそようった空模様そらもよう
面映おもはゆいそのひかり

ながれてく毎日まいにちすすめない自分じぶんを すぐだれかのせいにして
あのころぼくは ただ 刺々とげとげしくて 弱々よわよわしくて

まぶしい放射線ほうしゃせん 出発しゅっぱつのベル 都会とかいゆき かげ鉄塔てっとうこう
もう きみがいなくても大丈夫だいじょうぶだよ
あれからいくつも季節きせつえ そのかずだけ 傷付きずついたこころ
でも いつだって ぼくかなしみのなか さがつづけた きみのようなそら

真夏まなつ交差点こうさてん 真夜中まよなかのレール 真昼まひるつき 真冬まふゆ 公園こうえんのベンチ
もう きみがいなくても大丈夫だいじょうぶだよ
かなしくなったらそらるよ わりつづわらないもの
そう いつまでもぼくおもなか 微笑ほほえみかける きみのようなそら