「エンドロール」の歌詞 秦基博

2012/2/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
シャーベット 都会とかいゆきは すぐにけてえてしまうんだ
あっけないラストシーン いつかきみあるいてたみち

つめたく にごってく アスファルトは後悔こうかいいろ
ぼくには ただひとつ ちいさなぬくもりもまもれなかった

とぎれた ふたり

ねぇ いつもなんで ぼくはどうして 肝心かんじんなことだけがえないで
ねぇ いまになって もうおそいって ずっと あののままで
きみはいない ひとりきりのまちゆきていた

かじかむ指先ゆびさき感覚かんかくうすれてくよう
いつしかしあわせは たりまえなかもれた

こおった のどおく しろいためいきこうで
ちらちら つづゆきかげきみさがしてしまう

えぐれた いたみ

ねぇ あのなんで きみはどうして 不自然ふしぜんなくらいに はしゃいでて
ねぇ わりだって もどれないって きっと わかっていたの
ぼくはいない どこかでいま きみも このゆきてるかな

なくした みらい

ねぇ いつもなんで ぼくはどうして 肝心かんじんなことだけがえないで
ねぇ えなくって わすれられなくて ずっと あるいていくよ
だれもいない 白黒しろくろ世界せかい ぼくは ただきみおもうよ