「プールの歌詞 秦基博

2010/7/21 リリース
作詞
秦基博
作曲
秦基博
文字サイズ
よみがな
hidden
陽射ひざしは みずそこまで がるようにしてとどいた
そこにまるでさがしていたものが あったかのようにね

水色みずいろのフィルターをとおして ぼく世界せかいていた
らぐ視線しせんのずっとさきかえされるかなしみも

目映まばゆなつかぜおだやかにぎていく
やわらかななみに たゆたういたみをりにしながら

たのしそうにわらどもたち ひかりのプールがつつ
ぼく季節きせつかんだままで ただただ それをながめていた

はしゃぎすぎる時間じかんと そのこうがわにある静寂しずけさ
ゆめ現実げんじつ狭間はざまで あなたのこえこえたがした

目映まばゆなつ午後ごごに いつかちていくとき
永遠えいえんなんてない だからこの瞬間しゅんかんいとしくおもえるんだ

れて二人ふたり かお見合みあわせた ひかりのプールにしず
きっとぼくらがつかみたかったものは こんなありふれた日常にちじょうなんだ

たのしそうにわらどもたち ひかりのプールがつつみこむ
ぼくはあなたをはなさないように つよつよきしめた