「五月の天の河」の歌詞 秦基博

2014/4/23 リリース
作詞
秦基博
作曲
秦基博
文字サイズ
よみがな
hidden
途切とぎれたままの会話かいわにならないくらい
どこまでもんだ夜空よぞらきらめくかえみち

ひさしぶりのふたり 足早あしばやぎるいま わりはもうそこまでてる

名前なまえもないほしあかり さみしいこころも そっとつつ
ときまればいいのに ah ねがってる

それぞれ らしてるまちはなれているけど
いつだっていにくるから ぎんかわえて

どちらからともなく 足取あしどりをゆるめる ふかまりゆくよるさからう

かぜれぬほしなかおなひかりを きっとてる
二度にどとないこの瞬間しゅんかんを ah ける

名前なまえもないほしあかまたたいていて ずっとわらず
きみとまたられるように ah ねがってる