1. 初恋歌詞

「初恋」の歌詞 秦基博

2013/1/16 リリース
作詞
秦基博
作曲
秦基博
文字サイズ
よみがな
hidden
りんごはまだ あおいまま ちてしまった
ナイフのようにしたサヨナラ

神様かみさまとおすすめなかった
世界せかいのこされたみたいだ

いつか ひとりになることを
ふたりはどうして えらんだんだろう

じゃあね またね 約束やくそくいとからまって
ぼくらには もう二度にどとほどけない
あの 永遠えいえんはとうにって
かなしいほど あざやかな碧空あおぞら

つみばつ すべもなく きずつけった
期限切きげんぎれのしあわせのなか

はじめての 後悔こうかいいたみをって
純粋じゅんすいすぎた季節きせついま わった

いつか ひとりでいるより
ふたりでいるほうが孤独こどくになってたね

じゃあね またね 追憶ついおくひかりせまって
不揃ふぞろいなかげは まだうごけない
きしめた感触かんしょくは とうにって
こぼれてゆく ひとつぶの さみしさ

じゃあね またね 約束やくそくいとって
自由じゆうになる もう二度にどむすべない
最後さいごくらい わらってと ぼくって
かなしいほど あざやかな碧空あおぞら

サヨナラ