「夕凪の街」の歌詞 秦基博

2011/6/15 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
夕凪ゆうなぎまち不意ふいにバスをりたんだ
大好だいすきだったきみらしたまち

神社じんじゃまでつづ桜並木さくらなみき途中とちゅう
きみによくだれかをつけたから

あれからずっと かえってばかり すぐにむすびついてしまうよ
海猫うみねここえとおひびいた 彼等かれらはどこへかうつもりだろう

あのそら見上みあげて つないでたは ほどけて
さよならもうまくえないままで ぼくらは途切とぎれたんだ

潮騒しおさいむね鼓動こどう していった
もうこえない おもなかでしか

これからきっと 君以上きみいじょうきなひとになんて出会であえない
まったまま うごけないかげれてく夕陽ゆうひかたちえるだけ

ありもしないはねをイメージして べたらきみえるって
いまでもこんなゆめみたいなこと かんがえてしまうんだよ

あのそらかさねて とどかないばして
つぶやいたぼくのさよなら きみにも こえているのかい

夕凪ゆうなぎまち不意ふいにバスをりたんだ
大好だいすきだったきみらしたまち