「水無月」の歌詞 秦基博

2011/6/15 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
難解なんかい数式すうしきよりも 複雑ふくざつからまる日々ひび
ぼくらのことをってる
水無月みなづきそら 希望きぼううるんで どこか戸惑とまどってる すこふるえている

昨日きのう ながれたなみだかわいてかぜになったら
まえすすめるかな
まれはじめる あたらしいメロディ 明日あした意味いみわっていく

単純たんじゅん言葉ことばあい今歌いまうたおう あるがままのこころこえさがして
何百回なんびゃっかい いやもっと 何千回なんぜんかい
ずっとむねなかひびうた かなでよう さぁ

やりれない矛盾むじゅんぼくらの一部いちぶだったね
訳知わけしがおしたりして
わけばかり ごまかしていたんだ
それがむなしかったよ なぜか不安ふあんだったよ

不純ふじゅんなのはいつだって すぐ見透みすかされてしまうから
せめて正直しょうじきであれたら
陽射ひざしと木々きぎあざやかなハーモニー 季節きせついろつよめていく

単純たんじゅん無条件むじょうけんあい今歌いまうたおう きてくよろこびといたみにあふれた
冷静れいせい批判ひはんなんて関係かんけいない
だれのでもないぼくらだけのうた つけよう さぁ

きざつづけるリズム かえ強弱きょうじゃく ただたしかにみゃくってる

単純たんじゅん言葉ことばあい今叫いまさけぼう あるがままのぼくらのこえあつめて
何千回なんぜんかい いやもっと 何万回なんまんかい
ずっとむねなかひびうた うたおうよ さぁ