「現実は小説より奇なり」の歌詞 秦基博

2013/1/30 リリース
作詞
秦基博
作曲
秦基博
文字サイズ
よみがな
hidden
みかけの小説しょうせつ じる 午前二時ごぜんにじ
ニュース速報そくほうおと テロップの点滅てんめつだけがのこ

テレビをして ベッドにたお
ふかよる静寂しじまぼくだけが はなしすすんでゆく

ぼくなんて 人間にんげん不完全ふかんぜん なにってないよ
きっと こたえがこわくて はぐらかしてきたから

ah いま 世界せかいわっても
後悔こうかいはない そうえるくらい ぼくきられたなら

携帯画面けいたいがめんとも午前四時ごぜんよじ
常夜灯じょうやとうのオレンジ かすんでく 憂鬱ゆううつゆめれてゆけよ

いつだって 展開てんかい不透明ふとうめい なにっているの
きっと 想像以上そうぞういじょうだろう でもページのこうへ

ah 物語ものがたりつづきなら
いたいくらい このちいさな現実げんじつなかにある

だれもいない部屋へやひとりきり 未来みらいまで暗闇くらやみにまぎれても
あさひかり おもいカーテンをめくる

ah いま 世界せかい目覚めざめる
二度にどとない だれらない ぼくだけの結末けつまつこう