「綴る」の歌詞 秦基博

2013/1/30 リリース
作詞
秦基博
作曲
秦基博
文字サイズ
よみがな
hidden
題名だいめいもない 脈絡みゃくりゃくなんてない めた文字もじたちを
しのおくとどかない場所ばしょかくしておくね

いつか ぼくえたあと くらふかよるわりに ひらけるように

たとえば ふゆわたとりかげはる芽吹めぶいたあおはなのこと
うつむいたそのうつせば ほら すこしはまえけるだろう
とりとめのないおも出話でばなしを ともにあゆむはずだった明日あした
つづるよ その孤独こどくも ふっと やわらぐような 最後さいご手紙てがみ

後悔こうかいはない? いやそんなつよくはない かくせないよ さみしさ
出来できることなら そばでていたい これからさきも ずっと

いつか きみまよっても つらくながもりをくぐりかえれるように

たとえば あかえるなつかぜあき見上みあげたしろつきのこと
いた背中せなかやさしく ほら つつんであげられたら
じゃれいのような些細ささいいさかいも いつもえずじまいの「ごめんね」も
つづるよ その笑顔えがおも ふっと こぼれるような かすかなひかり

めないゆめならどれだけいいだろう やがてはなれるそのるから
いたくて こわくて たしかめうようにきしめる

たとえば ふゆあさはる午後ごごなつ夕暮ゆうぐれも あきよる
のこされた時間じかんぼくらも ただ いつくしみ きられたなら
かけがえのない日々ひびぬくもりを とてもつたれぬ「ありがとう」を
つづるよ その未来みらいに そっと うような 最後さいご手紙てがみ