「赤が沈む」の歌詞 秦基博

2007/9/26 リリース
作詞
秦基博
作曲
秦基博
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくなかやみゆがんだ口元くちもとにじんでしまっている
いたようなにおいで 仮面かめん裏側うらがわから顔色かおいろうかがう

くらい...ひかりなどありはしないの
cryクライ...油彩ゆさい太陽たいようがグラつく

くるったようあかしずいかけても いかけても
ぼくはただねがっている えるようなそら
なにのこさず くしてよ

ぼくってないもの それをだれかれわせている
彼女かのじょったせいさ ジュンスイとソウゾウをくしてしまったのは

不快ふかい...きたな言葉淀ことばよどんでいる
ふかい...そこなしぬまおぼれていく

いたようぼくわらなにいかけても いかけても
すべてがうそのようで くちつぐむんだ
それなのに また明日あしたっている

くるったようあかしずいかけても いかけても
ぼくもまた ひずんでるんだ
いたようぼくわらなにいかけても いかけても
そして ただねがっている えるようなそら
ぼくのこさず くしてよ