「鱗(うろこ)」の歌詞 秦基博

2007/9/26 リリース
作詞
秦基博
作曲
秦基博
文字サイズ
よみがな
hidden
すこびた前髪まえがみを かきげた そのさきえた
みどりがかったきみうつんだ ぼくさかな

いろんなわけ着飾きかざって 仕方しかたないとわらっていた
傷付きずつくよりは まだ そのほうがいいようにおもえて

なつかぜきみをどこか とおくへと うばっていく
せずにいたおもいを ねぇ とどけなくちゃ
きみうしないたくないんだ

きみいま いたいんだ いにくよ たとえ どんないたみが ほら せても
うろこのように にまとったものはてて
およいでいけ きみのもとへ きみのもとへ それでいいはずなんだ

季節きせつわり曖昧あいまいづいたら すぐってしまうよ
まだなにひとつも きみつたえきれてないのに

なつかぜきみかわいたこえ されぬように
あふれそうな このおもいを もう ちぎれそうなくらい
さけんでみるんだ

きみいま つたえたくて うたってるよ たとえ どんな明日あしたが ほら っていても
うろこのように にまとったものはてて
およいでいけ きみのもとへ きみのもとへ それでいいはずなんだ

きみいま いたいんだ いにくよ たとえ どんないたみが ほら せても
うろこのように にまとったものはてて
およいでいけ きみのもとへ きみのもとへ それでいいはずなんだ