「クリスマスキャロルの頃には」の歌詞 稲垣潤一 with広瀬香美

2015/3/1 リリース
作詞
秋元康
作曲
三井誠
文字サイズ
よみがな
hidden
クリスマスキャロルが
ながれるころには
きみぼくこたえも
きっとているだろう
クリスマスキャロルが
ながれるころには
だれあいしてるのか
いまえなくても……

この
すこばせば
とどいていたのに
1mmイチミリ
なにりない
あいのすれちが

たがいをわかりすぎていて
こころがよそできないのさ

クリスマスキャロルが
こえるころまで
出逢であまえもどって
もっと 自由じゆうでいよう
クリスマスキャロルが
こえるころまで
なに大切たいせつなのか
一人ひとり かんがえたい

だれかが
そばにいるのは
あたたかいけれど
背中せなか
毛布もうふわりに
えないから

ちかすぎてえないささえは
はなれてみればわかるらしい

クリスマスキャロルが
ながれるころには
きみぼくこたえも
きっとているだろう
クリスマスキャロルが
ながれるころには
だれあいしてるのか
いまえなくても……

クリスマスキャロルが
ながれるころには
どういうきみぼく
ゆきるのだろうか?
クリスマスキャロルが
ながれるころには
どういうきみぼく
ゆきるのだろうか?