「こんなにも愛してた」の歌詞 稲垣潤一

2007/7/4 リリース
作詞
古内東子
作曲
古内東子
文字サイズ
よみがな
hidden
またひとつあさ
きみこえゆめだとづくよ
いつしたんだろう
しずかなあめ まどらしてる
たりまえのようにまたえるとおもっていたよ

こんなにもあいしてた
づくのがすこおそすぎただけ
はしりゆく時間じかんなか
いちばん大切たいせつなものを見失みうしなった

出会であった記憶きおく
とおくなるほどやさしい言葉ことば
きみにあげられなくて
そばにいてもひとりにしてたね
いつかくもれてまたえるとおもっていたよ

こんなにもあいしてた
多分たぶんもう二度にどとどかぬおも
このまちでもし偶然ぐうぜん
あのかさつけても ぼく
今何いまなにができるだろう
づくのがすこおそすぎただけ
はしりゆく時間じかんなか
いちばん大切たいせつなものを見失みうしなった

それぞれの人生じんせい
別々べつべつうごしたあの
きみあふれるなみだをきっと
明日あすへのちからえたの

こんなにもあいしてた
づくのがすこおそすぎただけ
はしりゆく時間じかんなか
いちばん大切たいせつなものを見失みうしなった
多分たぶんもう二度にどとどかぬおも
このまちでもし偶然ぐうぜん
あのかさつけても ぼく
今何いまなにができるだろう