1. クリスマスキャロルの頃には歌詞

「クリスマスキャロルの頃には」の歌詞 稲垣潤一

1993/11/26 リリース
作詞
秋元康
作曲
三井誠
文字サイズ
よみがな
hidden
クリスマスキャロルが
ながれるころには
きみぼくこたえも
きっと ているだろう
クリスマスキャロルが
ながれるころには
だれあいしてるのか
いまえなくても…
このすこばせば
とどいていたのに
1mmミリ なにりない
あいのすれちが
たがいを
わかりすぎていて
こころがよそ
できないのさ
クリスマスキャロルが
こえるころまで
出逢であまえもどって
もっと 自由じゆうでいよう
クリスマスキャロルが
こえるころまで
なに大切たいせつなのか
一人ひとり かんがえたい

だれかが そばにいるのは
あたたかいけれど
背中せなか毛布代もうふがわりに
えないから
ちかすぎて
えないささえは
はなれてみれば
わかるらしい
クリスマスキャロルが
ながれるころには
きみぼくこたえも
きっと ているだろう
クリスマスキャロルが
ながれるころには
だれあいしてるのか
いまえなくても…
クリスマスキャロルが
ながれるころには
どういうきみぼく
ゆきるのだろうか ?
クリスマスキャロルが
ながれるころには
どういうきみぼく
ゆきるのだろうか ?