「思い出のビーチクラブ」の歌詞 稲垣潤一

1987/4/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
おも
ビーチクラブもいま
閉鎖とざされて
みずのないプールだけ
約束やくそくした
ひといるの・・・と あの
けずに ボートにかくれて
キスした・・・
本当ほんとうのことを
るのがこわくて
Stay gold きらめく
時間とき波間なみま
なつ
まぼろしたちさ
Stay gold さよなら
ぼくかくして
きなの・・・ と
何故どうしてささやいたの
屋根やねのない
クルマで指笛吹ゆびぶえふ
きみだけが
20歳はたちのままさずっと
夜通よどおさわいだ
避暑地ひしょちゆめ
めればかなしい
大人おとなに なってた
なつのボートで
きみぼく
Stay gold なんでも
えるって
しんじてた・・・
幸福しあわせさえも
Stay gold いちばん
大事だいじなものさえ
くしたね
こころうそをついて

せつなさのこして
避暑地ひしょちゆめ
めればかなしい
大人おとなになってた
青春なつのボートが
ながされてゆくね
Stay gold なんでも
えるって
しんじてた・・・
幸福しあわせさえも
Stay gold 水面みなも
ちるなみだ
かなしみのふかさは
はかれないよ