1. 雨の朝と風の夜に歌詞

「雨の朝と風の夜に」の歌詞 稲垣潤一

1996/8/21 リリース
作詞
湯川れい子
作曲
松本俊明
文字サイズ
よみがな
hidden
アンティックに黄昏たそがれ
アカシアのまち
もうなぜか いま言葉ことば
ポケットのなか
きしめたぬくもりが
ポロシャツしに
二人ふたりえないひかり
つつんでくれる
あの女性ひととのこと
誤解ごかいもあるけれど
わすれてくれ 二度にどともう
きみきずつけない
いつまでも あめあさ
かぜよるって
いつまでも おとこらしく
いとしいきみ
まもらせてくれ
わりたくて われない
やりれなさを
微笑ほほえみでかせる女性ひと
さがしてたよ
賞味期限しょうみきげんなんて
けっしてないあい
しんじてくれ ニガすぎた
人生じんせいのスパイス
いつまでも そばにいたい
ときふねをまかせ
いつまでも そのひとみ
わがままなおれ
みつめててくれ

はななら
あいのために
とりならば たか
いのちかぎ
いつまでも あめあさ
かぜよるって
いつまでも きみ二人ふたり
人生じんせいという うみわたるの
いつまでも そばにいたい
ときふねをまかせ
いつまでも そのひとみ
わがままなおれ
みつめててくれ