1. 1969の片想い歌詞

「1969の片想い」の歌詞 稲垣潤一

1989/10/25 リリース
作詞
秋元康
作曲
桑村達人
文字サイズ
よみがな
hidden
最終さいしゅうバスにって
きみかえって
コレクトコール
どこかで くれれば
むかえにったのに
あいつとれたらしい
うわさいてたよ
あこがれの都会とかいくらしに
つかれたみたいだね
1969のぼく
きみきになって
ときはあれから
ひかりのように
1969のぼく
えなかったけれど
天使てんしゆみ
ずっとたせていた
本当ほんとう気持きもちなんて
いつもわらないさ
かなしみをめた
トランクは
二人ふたりてばいい
1989のぼく
きみつめあえば
いまでもむね
せつなくなるよ
1989のぼく
ポニーテールのころ
まぶしいきみ
ずっと片想かたおもいさ
かないで かないで
かないで ぼくむね
遠回とおまわりしてきた
だけだよ
ハイスクールの
ロッカーで
将来しょうらい夢話ゆめはなした
あのころ僕達ぼくたち
きみぼく
もどればいいのさ

あいなんていくつになっても
ちかすぎてえない
1969のぼく
きみきになって
ときはあれから
ひかりのように
1969のぼく
えなかったけれど
天使てんしゆみ
ずっとたせていた
1989のぼく
きみつめあえば
いまでもむね
せつなくなるよ
1989のぼく
ポニーテールのころ
まぶしいきみ
ずっと片想かたおもいさ