「愛なき道」の歌詞 稲葉浩志

2002/10/9 リリース
作詞
KOHSHI INABA
作曲
KOHSHI INABA
文字サイズ
よみがな
hidden
十分じゅうぶんだろう ぼくらは 十分じゅうぶんすぎるほど
あいというのルールに 懸命けんめいにつくしてきた
うしろゆびなど さされることも ないままに
あるしゅ理想りそうかぎりなくちかづいていたみたい
でもおまえの 想像そうぞうもつかないような ぼくがいる
ああ おまえがったら気絶きぜつする 間違まちがいない

うそもつかないで やりくりしてたはずだけれど
うそをつかないで すむような 話題わだいげてただけ
あいさきなのか つみさきなのらないけれど
けっこう つかれたってことは やすめってことだろう
ありがちな症状しょうじょうだ いつのまにかこうなってる
ああ あるがままの相手あいてじゃない たがいにていたのは

あいのない ながながみちを ぶっとばしてゆこう
まぼろしつぎから つぎへといやって
もうひとりじゃない まして なあなあに なるわけでもない
ういういしい ぬくもりが もっとあざやかにえるよ

おまえのエンジンもっとうならせろ こわれたようにさけんでみれば
地平線ちへいせんてにえる しんじられるものがえる
どんな言葉ことばあらわせない あい言葉ことばはがらくたになる
だれがつくったみちはしってるの 精神せいしんのリミッター みなのうなしてしまえよ

あいのない ながながみちを ぶっとばしてゆこう
ひとたら おどろくよな すくない荷物にもつ
もうひとりじゃない まして なあなあになるわけでもない
ういういしい ぬくもりが もっとあざやかにえるよ

どこまでも たのしんでいける 自分じぶんみちならば
ときに はげしい さみしさと たたかいながら
I'll give you a ride もしも だれかが のぞむならば
うつくしいおもだけを むねにひめ とびだそう