1. 水平線歌詞

「水平線」の歌詞 稲葉浩志

2004/9/15 リリース
作詞
稲葉浩志
作曲
稲葉浩志
文字サイズ
よみがな
hidden
とおむかしほしあかり
なが旅路たびじおもうならば
こんななみだはとるにらない
わがままなしずくでしょう

さいわもとわざわいからのがれられないのは
このこころが あの水平線すいへうせんのように 完璧かんぺきうつくしさじゃないから

おねがい どこにもいかないで
かぜかれきしめあったひと
あれはまぶしくはかない
夕陽ゆうひのきらめきです

間違まちがいだらけであい
かえすかたなりつけあう
歴史れきしながれにさからえない
はがゆさがきずにしみる

たかぶるよろこびのそら ふかかなしみのうみ
ぶつかりあう場所ばしょ そこに無限むげんなぞ すべてのこたえがかくされてるの

おねがい どこにもいかないで
大切たいせつなことたしかめあったひと
それは はげしくせつない
夕立ゆうだちあまにお

となりにすわってほほえんで
くだらないはなしにつきあっておくれよ
ゆめなかでいいから
もうすこしだけそばに

おねがい どこにもいかないで
かぜかれきしめあったひと
あれは まぶしくはかない
いのちのきらめきです

いのりはしずかにえてゆき
水平線すいへいせんはあののようにやわらかく
まっすぐによこたわる
とめどなくあふれる
それは永遠えいえんのBLUE