1. 波歌詞

「波」の歌詞 稲葉浩志

1997/1/29 リリース
作詞
KOHSHI INABA
作曲
KOHSHI INABA
文字サイズ
よみがな
hidden
あかあかうみ
くらげのように
とろけてゆく太陽たいよう
きみがすぐに どこかに
かないように
にぎろう
もうすこし うごかないで
むね鼓動こどう しずまるまで
まだおさなやみのむこうに
ほしたちがかびあがり
きみ群青ぐんじょう
いこまれるように
えてゆくの
わかるよ これ以上いじょう
もう いっしょにいては
いけないと
あらしよるなみのように
えないなにかに おびえて
みちまえまよ
ちどまっている
なくすものに はじめて
づいているから

すがりたいひと
ひと全部ぜんぶ
なくしてしまいたい
本当ほんとう
ひとりきりになって
さまよってみたい
そんな勇気ゆうきのない
自分じぶんわらって
また いやになるよ
せてはかえす
なみのように
いつでも ゆらゆら
れている
やすらぎも不安ふあん
えることはない
他人だれかつめて みんな
きているから

ぼくが おぼれてるのは
よけいなものの
うみなんだろうか…
まばたきほどの ときしず
ひとしあわせにできる
かぎがあるという
なにもかもあいしてみたい
おおきくこのうでひろげて
本当ほんとうきみをまるごと
つつんでみたいよ
そして無限むげんうみ
もぐってゆきたい