「灼熱の人」の歌詞 稲葉浩志

2002/10/9 リリース
作詞
KOHSHI INABA
作曲
KOHSHI INABA
文字サイズ
よみがな
hidden
季節きせつさえわらないような めきった街角まちかどあるけば
ひとあしもとすくうことに いのちをかけてるひとたちがいたよ

革命かくめいおこしてやるなんて うっかりくちにしちゃいけない
しろられるか シカトされるか
ここらへんはそういうところだよ だけど

灼熱しゃくねつひと今立いまたちあがれ
あらしなかおどくる
後悔こうかいするヒマもないような人生じんせい
かくしてる おにのようなつらさけんでごらんよ

なが月日つきひでつくられた 良識りょうしきをゴクゴクくだしてる
きみ斬新ざんしんなアイデアも だれもとりあってはくれない

波風なみかぜなしでらせば 親戚中しんせきじゅう安心あんしんするし
フツーなことにこしたことはない そんなの承知しょうちしてる
してるけど だけど

灼熱しゃくねつひときねいるな
うたがうことも わすれないで
余力よりょくのこせぬ かなしいさだめ
ヤジられてもいい
攻撃こうげきうずにそのをさらけ

冷静れいせい俯瞰とおめるのは かしこいやつらにまかしときゃいい
はずれてゆく自分じぶんのピッチを どうにかしたいんだろ
したいんなら しょうがない

灼熱しゃつねつひといますぐちあがれ
あらしなかで もだえくる
後悔こうかいするヒマもないような人生じんせい
かくしてる おにのようなつらさけんでごらんよ