「炎」の歌詞 稲葉浩志

2002/10/9 リリース
作詞
稲葉浩志
作曲
稲葉浩志
文字サイズ
よみがな
hidden
さかほのおえて ここまでおいでよ

つきれる くもらばり
ひとかげ際立きわだって
テールランプの隙間すきまをぬって
ただはしかぜって

きみこえひびいて

さかほのおえて ここまでおいでよ
ってあんまりまっすぐつめるから
ぼくはなすすべもない
とおれるほしてた

まちめる よこしまなdream
うらやんで信号しんごうって
背中せなかにクラクション びてシャイなアクション
だれもみちゃいないけど

きみ言葉ことばってくる

なにたず だれにもならないで ここまでおいでよ
ってあんまりやさしくうたうもんだから
ぼくみちまよ
よるげるようにさまよう

ぼくらは一体いったい どこからだいたいやってきたんでしょう?
てることのない まぶしい風景ふうけいくらい
むねひとつはってるでしょう?

きみわすなにわらずに きっとらせるだろう
そんな平和へいわたとしても 物足ものたりないだろう
さかほのおえて そこまでいってみよう
いまでもきみ微笑ほほえむのなら
なにもこわくないよ
みちはどこまでもつづくよ
まるでながれるかわのように