「遠くまで」の歌詞 稲葉浩志

1998/12/16 リリース
作詞
稲葉浩志
作曲
稲葉浩志
文字サイズ
よみがな
hidden
あるこう かたをよせて
どんよりにじそらした 二人ふたり
んでくれ
きな
たわいのないこと
それでいい しゃべろう
とおくまで ぼくらはゆける
つよあめこおかぜ
けながら
ませば
すべてがまぶしい
はないろまちこえ
なみだ理由わけさえも
かなしむことでも
よろこぶことでも
つよくなってゆけるよ
ひとつずつ すこしずつ
あるこうよ まえをむいて
たまにつめあい
そしてじらって
いまにも なにかがこわれそうな
本当ほんとうにそんな
世界せかいだとしても
とおくまで ぼくらはゆける
つよあめこおかぜ
けながら
をのばせば
すべてがちかづく
えそうな おも
おぼろげな未来みらい
げるようにじゃなく
ゆめうように
すすむこともできるよ
一歩いっぽずつ すこしずつ
くるまについた
ちいさなすりキズを
にしてオロオロ
きていくんだろうか
これからずっとWow wow Mm
自分じぶん自分じぶん
めたりしながら
めくるめくニュースから
げられずに
こころらして Yeah
それでもとおくまで
ぼくらはゆける
くしても きずついても
自分じぶんであれ
大切たいせつなものは
"なんなんだろう"
わすれないで わらいながら
うたいながら
ただゆけばいい
いつでも景色けしき片隅かたすみには
きみうつっているよ
はなのように 微笑ほほえんで