1. 風船歌詞

「風船」の歌詞 稲葉浩志

2002/10/9 リリース
作詞
KOHSHI INABA
作曲
KOHSHI INABA
文字サイズ
よみがな
hidden
風船ふうせんかんでいる
二人ふたりあいだかんでいる
ちくちく いじめてみたり
ときどき いとおしくつめてみたり

どうか われないように どうか いつまでも
れのあめも ふわり ふわり
ときには 屋根やねうえ ときには すぐとなりで
なにもないようにただ を まかせている
いつかくる おおきなかぜって
ぼくらをせて あおそらをゆけ

風船ふうせんが ふくらむのは
二人ふたりのきもち やさしいきもち
さみしげに しぼんでいるのは
かなしい言葉ことばをふきこんだから

どうかわれないように
どうか いつまでも
れのあめも ふわり ふわり
ほんのすこしだけの わかりあえること
そんな もろいものたちが つまっている
二人ふたりで はじめたことを みんな
ゆっくり そだてよう はなくまで
はなれることは わることじゃない