「JEALOUS DOG」の歌詞 稲葉浩志

2002/10/9 リリース
作詞
KOHSHI INABA
作曲
KOHSHI INABA
文字サイズ
よみがな
hidden
もっとボクに やさしくわらいかけてほしい なるべくボク一人ひとりだけに
あいつのつまらない ジョークに うけてるなんて たのむからやめてほしい
どこがいいの あいつの どんなとこにほれてるの
きっとだまされてる マイダーリン
みっともないと われても かくしておけない
たとえきみが だれかのものだろうと

毎日まいにちくりかえしてる ばかばかしいゲームで
みんな二重三重にじゅうさんじゅうに ホンネをかくしすましてる

やいちゃうメラメラ 嫉妬しっとえてる からだがアツイ
なりふりかまわず きみをモノにしたい
自分じぶん自分じぶん一体いったい だれだかわからなくなる
がついたらもう びかかってるよ

きみとアイツのでする会話かいわはくやしい
ボクのはいりこめない世界せかい
きずつくのは毎度まいどのことなめてりゃなおるぜ
ストレス なんかに 絶対ぜったいやられない

ねえ、、そこのキミ ボクも心配しんぱいしてくれるなら
おいしいオヤツをいますぐたらふく ちょうだいよ

やいちゃうメラメラ 嫉妬しっとえてる からだがアツイ
なりふりかまわず きみをモノにしたい
おもいどおりに すみからすみまで ナメまわしてみたい
こいとかあいとかにゃ まるで興味きょうみはない

ああ、、わかってるよ みゃくのないコミュニケーション
いつまでむなしく つづけてゆくのだろう

やいちゃうメラメラ 嫉妬しっとえてる からだがアツイ
なりふりかまわず きみをモノにしたい
スキになりすぎて キライになりそうな
ヘンテコな フィーリング
ておきて わすれてれば それでもいい