「Salvation」の歌詞 稲葉浩志

2010/6/24 リリース
作詞
Koshi Inaba
作曲
Koshi Inaba
文字サイズ
よみがな
hidden
くもながれて とおくにえてく
ぼくらのかおわってゆく
きみすこしだけ やせたようにえるよ
心配しんぱいいらないよ 綺麗きれいですよ

つらいことばかり おおすぎたなら
けるときにこう それがひとだからね

すくいのはどこから やってくるのでしょう
だれかのわらごえ にぎった温度おんど
砂漠さばくのようにかわいてる そのこころなか
いったいどんな 言葉ことばが しみこむの

自分じぶんひとりが おいてかれるような
こわい感覚かんかくに つかまって
おしゃれをして まちあるくけど
気持きもちは どこにも あるせない

うごけないのなら もうしばらく
とどまればいいよ ぼくわすれていない

昨日きのうなかにしか きられなくて
日付ひづけは ぴたりと められたまま
ふかかなしみが すこしずつ いえてゆくように
ぼくはただ いのっているだけ

すくいのはどこから やってくるのでしょう
ながれる歌声うたごえ きらめくなみおと
きみのいる場所ばしょを やわらかく らしすあかり
できるならぼくがそうありたい
ぼくじゃだめでしょうか?