「Tamayura」の歌詞 稲葉浩志

2004/9/15 リリース
作詞
稲葉浩志
作曲
稲葉浩志
文字サイズ
よみがな
hidden
不細工ぶさいくれる こころいやになり 自由じゆうりたくて
あたりしだいに やせっぽっちの体傷からだきずつけて
一人ひとり ちこがれるsunrise
ただながれだすのは ぬるいばかりでおもわずcry
めるたましいてきゃしない

いまそこにある悲哀ひあい いまこそじっとつめて
その正体しょうたいあばけよ

どしたらわる? どしたらわらう?
きっと簡単かんたんなスイッチだろう
でもそれがつからないまま
ひとなみだにくれる

たまゆらのLIFE たまゆらのLIGHT
時間じかんのオリをみだして
えつきて 超微粒子ちょうびりゅうしになれ
そして きらきらきら 久遠くおんそら

あい重労働じゅうろうどうわるようなシステムを むねにインストールされて
不満ふまんらしたときはもう どっぷりかたまでつかってる
それこそが人生じんせいのワナじゃん

ときめきはやや卑猥ひわい めまぐるしい胸算用むねざんよう
きっぱり両手りょうてをあげろよ

どしたらてる? あしたはどうなる?
なんて無用むよう気苦労きぐろう
でもそれをてられないまま
嫉妬しっとほのおえる

たまゆらのLIFE たまゆらのLIGHT
天秤てんびんうえからとびだして
くもりのない 宇宙うちゅうにひとり
そして ぶるぶるぶる たましいおと

たまゆらのLIFE たまゆらのLIGHT
あなたとともにきる

どしたらわる? どしたらわらう?
きっと簡単かんたんなスイッチだろう
でもそれがつからないまま
ひとにがなみだにくれる

たまゆらのLIFE たまゆらのLIGHT
時間じかんのオリをみだして
えつきて 超微粒子ちょうびりゅうしになれ
そして きらきらきら ただようがごとく 久遠くおんそら