「願い Feat. YU-A (Foxxi misQ)」の歌詞 童子-T

2008/9/24 リリース
作詞
童子-T
作曲
童子-T,Shingo.S
文字サイズ
よみがな
hidden
ふたりのおも かきあつめたなら またけてきちゃう さみしさあふれて
最後さいごこいだと しんじてねがった あの日々ひびにウソはなかった

れたまちから希望持きぼうもって した 東京とうきょう夢追ゆめおって
おとかなでる季節きせつに はじまりは突然予期とつぜんよきせずに
バイトさき そのひたむきさに その笑顔えがおに いつの
こころのすきまに なにかがとどいた そのから 友達ともだちでいられなくなった
ちいさいのにすこ生意気なまいきおなどしなみだもろくて
ながかみ んだがキレイで ねむれないよるは キミのせいで
この気持きもつたえたくて いたくて... いたくて...
きかけのメール何度なんどした 都会とかいのノイズ こえをかきした

ふたりのおも かきあつめたなら またけてきちゃう さみしさあふれて
最後さいごこいだと しんじてねがった あの日々ひびにウソはなかった

かんコーヒー片手かたて かえった公園こうえん ふゆ夜空よぞらした 告白こくはくした
カッコつけた でも肝心かんじんなとこでつまずいた でもキミはうなずいた
そして一粒ひとつぶ涙流なみだながした 二人ふたり時間じかんうごした
四六時中手しろくじちゅうてのひらかさねた ちいさなテーブル手料理並てりょうりならべた
すこ大人おとなになったがした ときのないベッド日差ひざしが
おやには内緒ないしょ旅行りょこうった おたがいのダメなとこもった
誤解ごかいしてきずつけった いつもうまく言葉ことば出来できなかった
本当ほんとうはキミとおなじだけきだった いくつもの季節きせつった

ふたりのおも かきあつめたなら またけてきちゃう さみしさあふれて
最後さいごこいだと しんじてねがった あの日々ひびにウソはなかった

子供こどものままでいられたなら なにこわがらずあるいてゆけたかな?
もっとはや大人おとなになっていたなら 二人ふたりえられたかな?
いまもキミのゆめ 夜空よぞらねがうよ

いまでもキミはあのころおな笑顔えがお
いまでもキミはあのころのようにまっすぐで
いまでもキミはあのころわらないやさしさで
いまでもキミは... キミのままでいてほしい そうねがうよ

ふたりのおも かきあつめたなら またけてきちゃう さみしさあふれて
最後さいごこいだと しんじてねがった あの日々ひびにウソはなかった

ふたりのおも出集であつめたら しそうになる今夜こんや
さみしさ あふれて くるしくなる
最後さいごこいしんねがった あの日々ひびにウソはなかった
はなれても あなたの しあわねが

ふたりのおも出集であつめたら しそうになる今夜こんや
さみしさ あふれて くるしくなる
最後さいごこいしんねがった あの日々ひびにウソはなかった
はなれても あなたの しあわねが