1. きっともう恋にはならない歌詞

「きっともう恋にはならない」の歌詞 竹井詩織里

2006/8/30 リリース
作詞
AZUKI 七
作曲
大野愛果
文字サイズ
よみがな
hidden
週末二人会しゅうまつふたりあうまでにどれ位互くらいたがいをおもうでしょう
ちかづくほどにあるしゅのキョリをみだしてくようだな

きもせずはなしてたことだとか
ただずっとならんであるいたことだとか
ふいのちいさなプレゼントとか
何処どこへゆく時間じかんだったのでしょう

きっともうこいにはならない
それがあたらしい'特別とくべつ'であるかのように
いではなく
わかりえた二人ふたり言葉ことばはテレパシー?

あめれても二人ふたりならふざけたまんまではしれる
そんなふうにただしんじてた ゆめみがちなのは得意とくいです

わりとたれよわほうだとか
一人ひとりめるのは苦手にがてだとか
人見知ひとみしりもがすぎることも
どっかている二人ふたりだからね

きっともうこいにはならない
わかってるけれどかさねた日々ひびいとしく
もうすこし やれるんじゃないかって
かたりかけるように後押あとおしするのです

きっともうこいにはならない
それがあたらしい'特別とくべつ'であるかのように
いではなく
わかりえた二人ふたり言葉ことばはテレパシー?

こいもどれない
それはこのくにのありふれたあいかたち
退屈たいくつじゃなく
ときかさねた二人ふたりにするもの?です。