「太陽カフェ」の歌詞 竹仲絵里,おおはた雄一

2009/9/16 リリース
作詞
おおはた雄一
作曲
おおはた雄一
文字サイズ
よみがな
hidden
8時最初はちじさいしょのバスに彼女かのじょんでゆく
ドアがまるところでぼくかって
とりあえずぼく曖昧あいまいげてみたりして

そのあし
太陽たいようカフェで一服いっぷく
そしたらツキを もど
太陽たいようカフェで一服いっぷく
なんにもいいことありゃしない

ぽつりぽつりぽつりと予想外よそうはずれのあめ
ぱらりぱらりぱらりとまちにはかさはな
仕方しかたなくぼくあめをよけながらジグザグで

そのあし
太陽たいようカフェで一服いっぷく
そしたらつきまでさ ひとっとび
太陽たいようカフェで一服いっぷく
こんなことにはれっこさ

なんにもかったように
れて
ぼくかげのこして
おいてけぼりで

そのあし
太陽たいようカフェで一服いっぷく
そしたらツキを もど
太陽たいようカフェで一服いっぷく
なんにもいいことありゃしない