「サヨナラ サヨナラ」の歌詞 竹仲絵里

2006/6/28 リリース
作詞
竹仲絵里,小渕健太郎
作曲
竹仲絵里,小渕健太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
街外まちはずれの観覧車かんらんしゃから あなたと見下みおろす 夕枯ゆうがれのまちきで
はしゃいで ゆられて バランスくずして しがみついて
気付きづいたの アクリルのまどうつむ あなたのとおひとみ
まるでここには ないだれかをさがしてる レーダーみたい

「ねぇてた? となりのゴンドラでキスしてたよ」
せがんだわけじゃいけど どうして今日きょうにぎらないの?
何度なんどいかけては んでた 言葉ことばなにかはもうわかってた
でもずっとそばにいたいって おねが一人ひとりにしないでって
いのるように わらってみる わたしにつぶやいたあなたのこたえは

サヨナラ サヨナラ
ぐなあいはやがて しろはいになって
しんじた未来一面みらいいちめん どこまでももるの
そのうえきざまれてゆく わたしだけのちいさな足跡あしあと どこまでつづくのかな?

からっぽの おもちゃばこみたい ねぇみんな どこへいってしまったの?
二人集ふたりあつめた おもだけはして しまわないで

ねぇ きいて? もう一人ひとりでなんでもやれるのよ
ストーブのオイルだって こぼさないで上手じょうず出来できるわ
あぶないぞ 怪我けがするぞ」ってあれもこれも なんにも わたしにさせなかった
いまそんなやさしさはもう とどかない 彼方かなたまぼろし
あぶらまみれの 手袋てぶくろだけが とおくからわたしまもってくれるの

サヨナラ サヨナラ
あなたとはまたどこかで めぐりえるがしてるわ
あのゴンドラみたいに ゆっくりまわとき
真下ましたいまってる すれちがってもこころ気付きづくわ わらってそうえたのに

サヨナラ サヨナラ
ぐなあいいましろあいのままで
しんじた 未来一面みらいいちめん どこまでももるの
そのうえきざまれゆく わたしだけのちいさな足跡あしあと
どこまでつづくのかな? 明日あしたつづくのかな? あなたは気付きづくのかな?