「スクランブル」の歌詞 竹仲絵里

2006/6/28 リリース
作詞
竹仲絵里
作曲
竹仲絵里
文字サイズ
よみがな
hidden
信号しんごうわり 人込ひとごみにまれた
よみがえるあのえてくうし姿すがた
見失みうしなわないように をとってくれた
やわらかいひかり まばゆいあの季節きせつ もうもどれない

そらだけ見上みあげて はる世界焦せかいこがれて
そばころがった宝石ほうせきりにした
なみだあつめて 夕焼ゆうやけにかして
ひろがる未来みらい あのひかり いま 気付きづくの

おもうようにいかなくて 裏腹うらはら言葉ことば
きずつけてしまった しずかなあめよる もうとどかない

太陽無たいようなくして かがみだけつめて
はじまるあたらしい日々ひびが ここにあるから
あの季節きせつえて つよさの意味いみって
もう見失みうしなわないから いまならべるさ もっととお

空高そらたか見上みあげて ふかばして
涙集なみだあつめてつけた わたしだけのみち
かたがぶつかって いすれちがって
それでもあるつづけよう こうぎしゆめ