「マンハッタン・キス」の歌詞 竹内まりや

1992/5/25 リリース
作詞
竹内まりや
作曲
竹内まりや
文字サイズ
よみがな
hidden
Don't disturb
ざされた
ドアのなかだけが
わたしになれる場所ばしょ
ここで あなたがせる
やさしさに
いつわりはないけど
どうして こんなにさみしい
夜明よあけの足音あしおと
ちかづいてくると
なにもかも まるで
なかったように
シャツを
いとしい背中せなか ながめるの
わたしより 本当ほんとうはもっと
孤独こどくだれかが
あなたのかえ
ってるわ
すれちがこころおく
見透みすかしながら

ひとり のこされた
部屋へやまどそと
もなくて
かす摩天楼まてんろう彼方かなた
天使てんしなみだのぞ
どうして
あいしてるだけじゃ
たされなくなる
あいされるまでは
長過ながすぎる一日いちにち
もてあまし 彷徨さまよえば
かなしいくらい 自由じゆうなの
まち夕闇ゆうやみ
ともはじめるころ
あなたも きっとかんじてる
ほろにが昨夜ゆうべのキスの
その余韻よいん

どうして
あなたじゃなきゃ駄目だめ
こえかけるひと
たくさん いるのに
できるならまえ
わたしもどって
いてきたゆめ さがしたい
いつの
とおおもだと
わらえる そんなとき
くるのかしら
明日あしたさえ手探てさぐりで
きる ふたりにも
Till I hear you say
you love me
Don't disturb