1. Winter Lovers歌詞

「Winter Lovers」の歌詞 竹内まりや

1998/11/18 リリース
作詞
竹内まりや
作曲
竹内まりや
文字サイズ
よみがな
hidden
一年振いちねんぶりに
あなたがかえ
指折ゆびおかぞえた
その
きれいになった
わたしせたくて
えらんだセーター
りの navy blue
どんなに退屈たいくつ毎日まいにちでも
めげずに
つづけてきたの
列車れっしゃが すべりんだ
瞬間しゅんかん
高鳴たかなるハートは
ピークをきざんだ
いたい気持きも
さえられずに
あなたのもとへ
けてゆくの
つめたいほほ
れた その
ぬくもりに
こころまで けてく

たとえみじか
ひとときだって
あなたのそばで
ごせるだけで
なにもいらない
キャンドルのあかりに
らしされた
ふたりは winter lovers
いきができないほど
きしめて
一年分いちねんぶん あいいたい
まどもった
ゆきしろさが
まぶしくかがや
しあわせな夜明よあ
またはなれても
わすれないよね
たしかな未来みらいへの約束やくそく
しんじていれば
こわくないよね
このつぎふゆまで
さようなら
あなたをせた
列車れっしゃおとえても
ゆきつづいた
とりのこされた
ホームのすみで
すこしだけ
いたけど平気へいきよ!
またはなれても
わすれないよね
たしかな未来みらいへの約束やくそく
しんじていれば
こわくないよね
このつぎふゆまで
さようなら
あなたをせた
列車れっしゃおとえても
ゆきつづいた
とりのこされた
ホームのすみで
すこしだけ
いたけど平気へいきよ!