「ごめんねなんて言わない」の歌詞 竹渕慶

2014/3/5 リリース
作詞
竹渕慶
作曲
竹渕慶
文字サイズ
よみがな
hidden
わかれたよる こころめた
きみわすれるひとりたび
気取きどったようなふくはいらない
きなれたジーンズ スニーカー

ふたりをとりってあるくはずだったのに
くやしいからこのさい ひとり くとめたの

ごめんね なんてわないよ
写真しゃしんもメールもまだせないけど
らないかぜ 海沿うみぞいのみち
のんびりあるくのもいいのかな
きみはなしてたうみてるよ
きたくなるくらいに綺麗きれいなの

まぶたじて 深呼吸しんこきゅうして
っさらになってかえるんだ

不安ふあん気持きも素直すなおつたえられなくて
きみとおざけたのはわたしほうだったの

ごめんね なんてわないよ
季節きせつはずれの花火はなびしたいな
らないまち ときのリズム
夕陽ゆうひしずむまで黄昏たそがれよう
きみはいま なにをしているのかな

おもにさよならをいにきたのに
大切たいせつだった 見上みあげたそらがにじむよ

ごめんね やっぱきだよ
なにべてもなんか味気あじけないよ
らないまち るようなほし
ひとりじゃ涙溢なみだあふれるだけ
きみとなりにいたら かたいてくれたら
いまなら素直すなおわたしになれる
あしたきみのいるまちかえろう