「cotton snow」の歌詞 竹渕慶

2014/3/5 リリース
作詞
竹渕慶
作曲
竹渕慶
文字サイズ
よみがな
hidden
三年さんねんぶりのきみこえ
いまもいたずらに こころをくすぐる

同窓会どうそうかいして
ゆき校舎こうしゃふたり あるいている

星空ほしぞらのバスてい
しろいき両手りょうてあたためるきみ
あのていた
さむいね」とった その笑顔愛えがおいとしくて

きみ今日きょうまで出会であっただれより
いつのでも ふたりは友達ともだちなの?
このまちに わたゆきるよ
まじわらない足跡あしあとしていく

ベルがってもグラウンドなが
しかられるまではなつづけたね

づかないフリしたけど
あの子追こお目線めせん わたしをすりけてた

薬指光くすりゆびひか雪明ゆきあかり
いまでも大事だいじおもってるんだね
こころがいたいよ でも
そんなきみだからこそきだった

きみき どんなにときながれても
いつのでも ふたりは友達ともだちなの?
おしえて わたゆきよる
ふれた指先ゆびさき おうとしてやめた言葉ことば

きだよ もしこえにしたとして
しろえてしまうなら いいのかな
きだよ いつになっても
きみわたし大切たいせつ初恋はつこい