「あのコは夏フェス焼け」の歌詞 筋肉少女帯

2010/6/2 リリース
作詞
大槻ケンヂ
作曲
本城聡章
文字サイズ
よみがな
hidden
8月はちがつたっていうのに アタシにはくとこもない
ウダウダとふてをしてたら パパが部屋へやった

「オレむかしバンドやってた ボーカルはんだママだ
またはじめることにした おまえがママのわりをやれ」

え~!っておどろいてたら ワゴンしゃにほうりまれた
アッという真夏まなつのフェスティバル

アタシなつフェスにやってきたんだ 太陽たいようがまぶしくて
あのひとるってってた どこかでえるかな

リストにはパスがかれて ごはん野外やがいのブュッフェで
ビールむパパうしろ うそ!マジ!?アンガスヤングだ

日焼ひやめタップリと それでもはだくろ
もうすぐ出番でばんばれた 途端とたんにドキドキむね高鳴たかな

セキュリティはでかいブラザー
「アーユーオーライ?」 はなわらった
アッという真夏まなつのステージ

アタシなつフェスにやってたんだ 飛行機雲ひこうきぐも
あのひとはどこにいるんだろ このひとうみなか

あたましろになった うたうなんて無理むり無理無理むりむり
棒立ぼうだちでふるえてたら パパがってった

きなやつにいたけりゃ げてまえさせろ
パパもそうやってママと出会であった」

アタシは覚悟かくごめた 8月はちがつそらさけんだ
アッという真夏まなつのフェスティバル

アタシなつフェスにやってたんだ 花火はなびげろ
あのひと姿すがたえた アタシはんでった

アタシ波乗なみのりをしていたんだ ひとなみうえ
あのひとうでひろげた アタシはんでいった

セキュリティはあたまかかえ パパはうしろで苦笑にがわら

ママがってた なつわるって
アッというゆめわるって