1. 何処へでも行ける切手歌詞

「何処へでも行ける切手」の歌詞 筋肉少女帯

2008/3/19 リリース
作詞
大槻ケンヂ
作曲
内田雄一郎,筋肉少女帯
文字サイズ
よみがな
hidden
おびえたおとこ
ゆるしをうように
うつろにわらって
両手りょうて
紅茶こうちゃみた
切手きってをくれた
これさえあれば
郵便配達ゆうびんはいたつ
かばんひそ
何処どこへでもける

トカゲよりはや
かもめよりおそ
自転車じてんしゃにゆられ
なだらかなよる
やみ右手みぎて
宝石ほうせきのように
ときひかるのは
いたずらをして
てられてしまった
子供達こどもたち楽団がくだん
包帯ほうたいしろ
少女しょうじょえがいた
切手きってをもらって
何処どこへでもこう
やみ右手みぎて
宝石ほうせきのように
子供達こどもたち楽団がくだん
アコーディオンをいておくれ
わかれみたいにさ Ahアー!

やすみのくに
おんな出会であって
郵便配達ゆうびんはいたつ
自転車じてんしゃてた
けれどぼくには
切手きってがあるさ
しばらくてば
郵便配達ゆうびんはいたつもどるだろう
何処どこへでもける

包帯ほうたいしろ
少女しょうじょえがいた
切手きってをもらって
何処どこへでもこう

沢山たくさんのたわいない
まちをゆきぎよう
わりなくつづいてる
包帯ほうたいいかけ

やみ右手みぎて
宝石ほうせきのように
子供達こどもたち楽団がくだん
アコーディオンをいておくれ
わかれみたいにさ Ahアー!

やみの、やみ右手みぎて
ひかかがや宝石ほうせきのように
子供達こどもたち楽団がくだん
もう一度いちど、もう一度いちどアコーディオンをいて
わかれみたいにさ WohウォーWohウォー

神様かみさま
おまけの一日いちにちをもらった少女しょうじょ
しろ包帯ほうたい顔中かおじゅうにまいて
結局けっきょく 部屋へやからることがなかった
神様かみさまあわれにおも
少女しょうじょ切手きってにして
彼女かのじょ何処どこへでもけるようにしてあげた
切手きって振興宗教団体しんこうしゅうきょうだんたいのダイレクトメールにられ
すぐにてられ
その行方ゆくえだれにももうわからない