「強情なくちびる」の歌詞 米倉利紀

1994/2/23 リリース
作詞
朝水彼方
作曲
岸正之
文字サイズ
よみがな
hidden
きみおこったように
くちとがらせる
うわさだけひろまった
ぼくらのなか
すこ意味いみありげに
人気ひとけないみち
まがっては まる
いきがかかる
かなり ムズかしいね
ルージュたどっても
なぜさ そらさないで
とてもちかいふたり
いいところなのに
その強情ごうじょうなくちびるが
どうにもきさ
いつか かなら
ぼくのものになるとって
そのしたたかな
プライドに
太刀打たちうちできず
こんなにずっと
つめるだけじゃもう
じれったいよ NO NO

人目気ひとめきにするように
あるきみ
つかまえて なにもかも
おしえたくて
かなり ムズかしいね
ぼくしんじない
なぜさ 臆病おくびょうあい
かくしているのかも
いいところなのに…
その強情ごうじょうなくちびるを
しばりつけたい
こころなか
キスでのぞいたならこまる?
このつややかなタイミング
のがしたくない
まちがこんなに
きれいなうちに
きっとうばってみせたい
Uh Yeah Yeah

その強情ごうじょうなくちびるが
どうにもきさ
今夜こんや かなら
ぼくのものにするとキメた
そのしたたかな
プライドに
太刀打たちうちできず
こんなにずっと
つめるだけじゃもう
じれったいよ NO NO