1. 「あいのうた」歌詞

「「あいのうた」」の歌詞 米倉千尋

2002/3/13 リリース
作詞
米倉千尋
作曲
米倉千尋
文字サイズ
よみがな
hidden
なつかしいかおりがした はるかぜれる木漏こも
そしてまたいたいくらい せつなさのこしてく

二人ふたりあるいたみち かぜだけがとおりすぎる
このこころはなぜあのひとを あの季節きせつわすれないんだろう

何度なんど何度なんどいた二人ふたりだけの「あいのうた」 いまうたえない
笑顔えがお仕草しぐさ…、ダブらせててる でもあなたじゃない
ちいさなためいきが まださむまちえた

いつもわせした ふるいカフェはそこにはない
壁際かべぎわしろはなを ただだまっててる

いてばかりだった ふゆいまわってゆく
このこころはまた あたらしいしあわせに出会であえるのかな

何度なんど何度なんどてるつもりでいた くもうえ 寝転ねころんだポラロイド
明日あしたからはおもわる もうサヨナラだね…
あたらしい「あいのうた」だれかとうたえるように

何度なんど何度なんどいた二人ふたりだけの「あいのうた」 ずっとわすれない
あわこいいたみも あたらしい季節きせつこうに
なつかしいかおりがわたしつつやわらかくきぬけた