「いつの日か」の歌詞 米倉千尋

2010/12/8 リリース
作詞
鵜島仁文
作曲
鵜島仁文
文字サイズ
よみがな
hidden
とお無邪気むじゃきおも どこかにりにしたようで
かげりのない笑顔えがおをもう一度いちど もどしたいとねがった

戸惑とまどってる見知みしらぬ階段かいだんえればきっとなにかあるだろう

わすれないあのかがやき ひたむきなひとみのままで
よわ自分じぶんはげまそう やっぱりひとひとりなんだから

いつもよりはしゃぎぎたあと なぜかむなしいかぜいてる
こんなにもこころからひともとめたことはなかったよ

アルバムをひらくとそこには いまゆめあふれている

なみだながれそうなら はるとおそら見上みあ
いつわりのないひかり太陽たいよう微笑ほほえんでる

かなしみにもけないこころきずついてつよくなってゆく
いつのか…

アルバムをひらくとそこには いまゆめあふれている

わすれないあのかがやき ひたむきなひとみのままで
よわ自分じぶんはげまそう やっぱりひとひとりなんだから

かなしみにもけないこころきずついてつよくなってゆく
いつのか…

本当ほんとうあいったら きてゆくわけるだろう
どんなにおおきなゆめも つかめそうな勇気生ゆうきうまれる

こころないだれかのこえ ときにはきみめるだろう
どんなことにもけないで きみのうしろにみちはできる…