「冬のひまわり」の歌詞 米倉千尋

2004/2/11 リリース
作詞
米倉千尋
作曲
米倉千尋
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくなにしんじればいい…
ためいきしろくなって 足元あしもとにこぼれる

両手りょうて ポケットにれたままあるいてた
どんな未来みらいつくれると そうしんじていた

わすれられた公衆こうしゅう電話でんわ ちいさな屋根やねあかり ぼんやりとつめる

しずかによるけてゆくと ぼくきみおもいだす
そうずっと わらないぬくもりがそこにあること こえる-ここにいるから-

ながふゆがまたやってきて
とおいあのまちはもう しろしろつつまれたかな

ゆきのホームからえた きみ一人ひとりぼっち ちいさくってた

こごえる両手りょうてひろげて いまぼくきみきしめる
そういつか いつのかあの場所ばしょへきっとかえろう

しずかによるけてゆくと ぼくきみおもいだす
そうずっと わらないぬくもりがそこにあること
ぼくはもう一度いちど もう一度いちどだけ…

こごえる両手りょうてひろげて いまぼくきみきしめる
そういつか きみつあの場所ばしょへきっとかえろう そして-そばにいるから-