1. 君の知らない物語歌詞

「君の知らない物語」の歌詞 米倉千尋

2011/3/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いつもどおりのあること
きみ突然とつぜんがりった
今夜こんやほしこう」

「たまにはいことうんだね」
なんてみんなしてってわらった
かりもないみち

バカみたいにはしゃいであるいた
かかんだ孤独こどく不安ふあん
しつぶされないように

くら世界せかいから見上みあげた
夜空よぞらほしるようで

いつからだろう きみこと
いかけるわたしがいた
どうかおねが
おどろかないでいてよ
わたしのこのおもいを

「あれがデネブ、アルタイル、ベガ」
きみゆびさすなつ大三角だいさんかく
おぼえてそら
やっとつけた織姫おりひめさま
だけどどこだろう彦星ひこぼしさま
これじゃひとりぼっち

たのしげなひとつとなりきみ
わたしなにえなくて

本当ほんとうはずっときみこと
どこかでわかっていた
つかったって とどきはしない
だめだよ かないで
そうかせた

つよがるわたし臆病おくびょう
興味きょうみがないようなふりをしてた
だけど
むねいたみはしてく
ああそうか きになるって
こういうことなんだね

どうしたい? ってごらん
こころこえがする
きみとなりがいい
真実しんじつ残酷ざんこく

わなかった えなかった
二度にどもどれない
あのなつ きらめくほし
いまでもおもせるよ

わらったかおおこったかお
大好だいすきでした
おかしいよね わかってたのに
きみらない
わたしだけの秘密ひみつ

よるえて
とおおもきみゆびをさす 無邪気むじゃきこえ