1. 夏の終わりの花火歌詞

「夏の終わりの花火」の歌詞 米倉千尋

2010/12/8 リリース
作詞
米倉千尋
作曲
米倉千尋
文字サイズ
よみがな
hidden
La La La なつのエピローグ ここからはじまる
こい花火はなびがふわり むねいたなつ

潮風しおかぜえきったなつ夕暮ゆうぐ
季節惜きせつおしむように ひとなみ せてはかえ

なんでだろう…。せなかった言葉ことば
本当ほんとうさそってくれたこと すごくすごくうれしかった

ひかうみ横浜よこはまそら いてはけてゆく花火はなび
このむねほどいてゆく

La La La なつのエピローグ ここからはじまる
どんなおもゆめ つけられるかな
あなたがくれたこいは あの花火はなびちいさな奇跡きせき
見上みあげた笑顔えがお ずっとていたい

わざと遠回とおまわりして おくってくれたよるもあったね
なにわずげてくれたかんジュース うれしかった

二人ふたりそら みなとみらいにいてはこぼれる花火はなびした
ふいになみだ「すき」なんだ…

La La La なつのエピローグ ここからはじまる
かたうたびに コドウ こえそう
みみのこ花火はなびおと まるひかりのしずく
なみだみたいね キレイ-宝石たからもの-

あおうみそら どこまでもひとつに
ゆびでつくるキャンバス 未来あすえが

La La La なつのエピローグ ここからはじまる
こんなやさしい気持きもち ずっとわすれない
あなたがくれたこいは あの花火はなびちいさな奇跡きせき
なみだもやがて なみえてゆく