「星空のワルツ」の歌詞 米倉千尋

2011/3/16 リリース
作詞
栗林みな実
作曲
栗林みな実
文字サイズ
よみがな
hidden
わかれぎわのさみしさは
あのころからわらない
また明日あしたえるのに
はなれたくないの

そっとわたしをきしめてくれる
しあわせをまもりたい ずっと

真夏まなつ星座せいざらされて
ふたりちいさくとなえる
ひみつの言葉ことばおしえてあげる
おまじないしよう

いつもあるかえみち
つないだをはなせない
このままいたいけれど
ときぎていく

夜空よぞらえがゆめはひとつだけ
あなたのほしになりたい いつか

やさしいひとみていたら
何故なぜなみだがあふれる
はじめてのせつなさをったの
…あなたが

真夏まなつ星座せいざらされて
ふたりしずかにいのるの
素直すなお気持きもちのままで
一緒いっしょにいられますように

ひかりまれたの いま
ふたりのこころなか