1. 鳥の詩歌詞

「鳥の詩」の歌詞 米倉千尋

2011/3/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
える飛行機雲ひこうきぐも ぼくたちは見送みおくった
まぶしくてげた いつだってよわくて
あのから わらず いつまでもわらずに
いられなかったこと くやしくてゆびはな

あのとりはまだうまくべないけど
いつかはかぜって
とどかない場所ばしょがまだとおくにある
ねがいだけめてつめてる

子供こどもたちはなつ線路せんろあるかぜ素足すあしをさらして
とおくにはおさなかった日々ひび両手りょうてには希望きぼう

える飛行機雲ひこうきぐも いかけていかけて
このおかえた あのからわらずいつまでも
ぐにぼくたちはあるように
海神わだつみのようなつよさをまもれるよ きっと

あのそらまわ風車ふうしゃ羽根はねたちは
いつまでもおな夢見ゆめみ
とどかない場所ばしょをずっとつめてる
ねがいをめたとりゆめ

かえけた線路せんろおお入道雲にゅうどうぐもかたちえても
ぼくらはおぼえていて どうか季節きせつのこした昨日きのうを…

える飛行機雲ひこうきぐも いかけていかけて
はやすぎる合図あいず ふたりわらしてるいつまでも
ぐに眼差まなざしはあるように
あせにじんでもはなさないよずっと

える飛行機雲ひこうきぐも ぼくたちは見送みおくった
まぶしくてげた いつだってよわくて
あのから わらず いつまでもわらずに
いられなかったこと くやしくてゆびはな