「tsubomi」の歌詞 米倉千尋

2007/4/25 リリース
作詞
米倉千尋
作曲
米倉千尋
文字サイズ
よみがな
hidden
突然とつぜん ふいにまない むね非常ひじょうベル
意味いみなんてなにもないと かっていたのに

そんな笑顔えがおけられたら 身動みうごきできないよ
だってこれはぼくにとって はじめてのこいなんだ

きみのことをてた 校舎こうしゃ片隅かたすみ
どれだけ月日つきひながれても 何一なにひとわらない気持きも

いつかきっと 素直すなおはなせるかな
あつくハートがすような このおもいをつたえたい

偶然ぐうぜん きみ二人ふたりきりの午後ごご教室きょうしつ
オレンジのひかりなか すごくまぶしくえた

東京とうきょうきみなにえなかった
予備校よびこうかえ外灯がいとうはぼんやりとぼくらしてる

いまはきっと ぼくのがんばりとき
いつかきっと このゆめかなえて そら見上みあげよう

ゆめさくらいたら きみ手紙てがみこう
そのとき… まだぼく初恋はつこいわらない

いつかきっと 素直すなおはなせるかな
あつくハートがすようなおもつたえたい

いまはきっと ぼくのがんばりとき
いつかきっと このゆめかなえて そらわらおう