「百鬼夜行」の歌詞 米津玄師

2012/4/18 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ちゃんちゃらおかしなちで
また酒呑さけのあおれどれず
つまらんかおしてまち
ほらあれこれうてはらす
いや どだいもどだいに面倒めんどう
おかしな兵衛べえ

オンボロにしき更紗模様さらさもよう
その洒落しゃれたおかおには金魚きんぎょ
こしやらまたやらはたらかせ
またお手軽欲望貪てがるよくぼうむさぼれば
いまどこへもこえる声出こえだした
あたしさみしいの」

ばれててこの参上さんじょう
皆様みなさまよろしくどうぞ
たのしくなったりかなしくなったり
せわしのないばかりだ
とばりげろや昼行灯ひるあんどんほら
ここらでおひとつどうだ
われらは現代げんだい妖怪ようかいだ!

頓珍漢とんちんかんなことばかり
まだしんじている
たぬき背中せなかともせば ほう
あんあん ぱっぱらぱの行進こうしん
やってやれほら
バケツたたいては声上こえあげろや ほう
あかるい到来とうらいだ ようそろ

みなみな欲望詰よくぼうつんだ
そのペラペラ少女しょうじょとニヤケざる
ねがすべてをけて
また一人ひとり快楽部屋かいらくへやすみ
ほらあたまばっかえて
青白あおじろかお

雨降あめふよるにはかさになり
そのからだだれかと雨宿あまやど
うたうたえばひとだま
また誰彼構だれかれかまわずなぐさめる
ほら盲信者増もうしんじゃふやして傘下さんかいて
孤独こどく遊説ゆうぜい

まれてはじめてこの登場とうじょう
つづきはおもてでどうぞ
うれしくなったりいかくるったり
せわしのないばかりだ
そのろせや用心棒ようじんぼうほら
ここらでおひとつどうだ
われらは現代げんだい妖怪ようかいだ!

どんでんひっくりかえこうや
スチャラカほいさ
きつねあたま水被みずかぶせば ほう
あんあん ぱっぱらぱの行進こうしん
やってやれほら
薬缶鳴やかんならしては声合こえあわせや ほう
あかるい到来とうらいだ ようそろ

こんな具合ぐあいになったのは
だれのおかげだろうか
こんな具合ぐあいになったのは
ああいまさらどうでもええわ

こんな具合ぐあいになったのは
だれのおかげだろうか
こんな具合ぐあいになったのは
ああいまさらどうでもええわ

頓珍漢とんちんかんなことばかり
まだしんじている
たぬき背中せなかともせば ほう
あんあん ぱっぱらぱの行進こうしん
やってやれほら
バケツたたいては声上こえあげろや ほう
あかるい到来とうらいだ ようそろ

ちゃんちゃらおかしななか
その平和へいわあいとをうたえども
こころにあるのはそれではない
またぼくらに自由じゆうはそれほどない
ほら 得意とくいほのおいてくれ
あなたのあい