「首なし閑古鳥」の歌詞 米津玄師

2012/5/16 リリース
作詞
米津玄師
作曲
米津玄師
文字サイズ
よみがな
hidden
さあさあさあ おどりましょうか
とりいそいでは あしからんだ
騒々そうぞうしいおとさらして
あか瑪瑙めのういえ

欄干らんかんそばうろ
あおひかりけていくようだ
だれだってこころおも
わすれられないことばかり

やい、やい、おまえあたまはどこだい?
あたまはどこだい?目玉めだまとくちばしは?
やい、やい、おまえ感情かんじょうはどこだい
いてせてみろ わらってみせてみろよ

あいされたいのは かなしくなるから
つめていたくはないけれど
あなたによく言葉探ことばさがしては
あかりをいてはなしがしたい

なんともいびつかたちまれて
すべなんてなかったけど
あなたによくこころがあるのさ
それさえたしかであればいい

曖昧あいまいうたばかりんで
こえふるえて仕方しかたがないが
そんなのもうどうでもよくて
くろなみだ雨曝あまざら

ああ ああ くちひらけばはいになっちゃった
つめたいはいになっちゃった 言葉ことばにならないな
ああ ああ いつかあたまほうけてちてった
ちいさいまんまでちてった ずかしくなるような

あいされてるのは たしかでないから
かたちになってしいけれど
どうにもこうにも あんまりなうそ
ひとつになんてなれないまま

きっとわかってる よごれた酸素さんそ
ふたつのあいだにあることを
どうにもこうにも こころがあるのさ
やさしい梅雨ばいうればいい

あいされたいのは かなしくなるから
つめていたくはないけれど
あなたによく言葉探ことばさがしては
あかりをいてはなしがしたい

なんともいびつかたちまれて
すべなんてなかったけど
あなたによくこころがあるのさ
それさえたしかであればいい