「KARMA CITY」の歌詞 米津玄師

2014/4/23 リリース
作詞
Kenshi Yonezu
作曲
Kenshi Yonezu
文字サイズ
よみがな
hidden
しずんでいくまちなかけていったあの
そのかみちいさくいながら 退たいくつかおわらった

(しずまちみにけていくあのはいつだって
そのかみちいさくって 退たいくつそうにわらった)

おもせなくなっちゃうまえぼくあそびにこうぜって
ついにはもうえないまんま あのえていったんだ

(おもせなくなってしまうまえあそびにこうぜって
ついにはえないまんま あのえていった)

このかんじょうまれっていたって
いたころきみ何処どこにもいないなんて
なくよるちていく
ここは一瞬いっしゅんつないでつくった
らいわずかなすき カーマシティ
きみはほらまちはずれて えていく

いまたしかにしがっていた そのすえにとったのは
ぼくしかったいまじゃない いろしたべつのもの

(いまつかもうとしてにぎりしめたつかんだのは
ぼくつかもうとしたいまとはまたちがったいまだ)

あのはまたおんなじように だれでもすりけて
いつもただ一人ひとりでいたんだ あきらめるようにうたって

(おなじようにあのだれもするりすりけて
いつも一人ひとりでいたんだ あきらめるようにいて)

たたかうやつらはあのわらたたかわないうたうたうから

(たたかうやつらはあのわらたたかわないうたうたうから)

あのがいとううえ すわっていたんだ
きみってまちろしたアイロニー
かぜがそのスカートをでていく
ここはえいえんきざんでつぶした
せいじゃしゃたしかなすき カーマシティ
きみはほらまちはずれて えていく

このかんじょうまれっていたって
いたころきみ何処どこにもいないなんて
なくよるちていく
ここは一瞬いっしゅんつないでつくった
らいわずかなすき カーマシティ
きみはほらまちはずれて えていく